2016/11/12

コツノアリの雄有翅虫

雑木林の林縁で小さな朽ち木を、いつになく注意深くチビチビと削っていた。
コジイと思われる朽ち木の端で、数個体のチビナガヒラタムシが出てきたためだ。
たどっていった孔道は、こちらの期待を打ち砕くように、すぐにコツノアリ Carebara yamatonis のコロニーに変わってしまった。

コツノアリの働きアリの体長は1mmほどだが、雄は3mmに達する。
こんな羽アリだけを採集してしまった場合には、名前なんか分りっこないと思う。




コツノアリ雄の交尾器




2016/11/10

思いがけない愛国者

私の身の周りには、ヤスデという生物名と本体がちゃんと一致していない人が相当いらっしゃる。「ムカデかヤスデかゲジゲジみたいなやっちゃ」というふうに語られてみたり、「あしがいっぱいあるシッケムシ」と、多くの昆虫を含む大阪限定専門用語が拡張適用されることすらある。
私たち一般人の意識にあるヤスデは、最も辺縁の混濁した領域に配置され、不快という石の下敷きになっている動物群といえる。

われわれ害虫駆除業者でも、ヤスデについての知識は自慢できるほどのものを持っている人なんてそういない。
遠い過去には、専門教育を受けてきたはずの人物が、業務中に「倍脚類」の語句を思い出せず、「両生類」と失言したのに逆上してしまい、くどくどと小言を垂れてしまったこともある。後で、冷静になってから、あっなんか間違えるの分かると自分でもチョット思った。確かに体の「両」側に脚が「生」えている。

大阪市内では、少しでも土や落ち葉があるような地面であれば、ごく普通に黒褐色と赤色のシマシマのヤスデを観察することができる。が、実際に観察するような勇者もまた極めて稀だろう。
とにかくヤツらは臭い。それに分類しようとしても、参考になるような本の見当がつかない。
倍脚類については、分類学的な知識が安売りされていないようで、高価な本や図書館の「帯出禁止」シール付き本にあたらないと、断片的な情報にさえ触れることができない。

いやいやながらだが、相談事例もかなりあることだし、分かる範囲で大阪市内のシマシマヤスデのことを調べてみた。
結論からいえば、ヤマトアカヤスデ Nedyopus patrioticus (Attems, 1898) と判断した。

矢印位置に生殖肢あり



生殖肢 左側の内側からみた状態


生殖肢の関節を迂回して飛び出して、
また陥入するという謎構造の精管

精管(複屈折で白く光る線)は先端付近まで伸び
ハチの毒針のように細くなって突出(矢印)している。


分類には雄の第7胴節にある生殖肢を用いた。生殖肢は観察する方向により、形状がまったく異なってみえるので、文献の絵と見比べるのに結構苦労した。
『新日本動物図鑑(中)』(1965年)と『日本産土壌動物 第二版』(2015年)で主に調べた。
あと以下の文献もすごく参考になった。
Chen, C.-C. and H.-W. Chang. 2004. Taxonomic Study of the Paradoxosomatidae (Diplopoda) from Taiwan.

種小名は愛国者を意味しており、台湾名も愛国者腹馬陸になっていた。
日本産の個体に基づいて記載されているヤスデに、なぜ愛国者???

丸まった個体をみて、思いついたのが旭日旗。
旭日旗は、wikiで調べると1889年から大日本帝国の軍艦旗として使用されているそうなので、記載年と時期は合う。
ゼッタイ、やっぱり関係あるわ、コレは!知らんけど。

旭日旗風の個体は見当たらないが、たまにそんな風にみえそう。
白いシマのもいるが同一種。


2016/10/31

頭でっかちなコナダニ ←ササラダニの間違い


このダニの体形、なんか好きだ。
異様にデカい鋏角。ちまちました短い脚。

褐色腐朽菌で柔らかくなったマツの杭から採集した体長0.7mmのダニ。
杭は東大阪市の田んぼ脇にあったもので、チビナガヒラタムシ狙いだったが、こんなめっちゃ変なダニが採れただけだった。

コナダニ団だとは思う。でも科は不明。孔道を掘っているとしか思えないが、がりがり齧っているところは観察できなかった。体内の糞は朽ち木色で、ものすごく動きが緩慢だった。

そもそも、ダニの仲間で、朽ち木に孔道を形成するダニなんて、ダニの本で読んだことはない。
でも、ヘンテコな形態のすべてが、朽ち木を掘るということに適応しているように見える。

近い種類を思いつかないし、困ったときのa manual of Acarology にもヒントになりそうなことは見つけられなかった。
ホントに一体、何奴なのだろう?

色は画像処理でおかしくなったが、形態はこのとおりの変なヤツ。

*11月4日追記:ササラダニを飼育している知人から「ササラダニの若虫では?」
との指摘があり、調べ直すとササラダニの何かの種の若虫にしかみえなくなってきた。
ササラダニには、若虫にコナダニみたいな生殖門や生殖吸盤持ってるヤツがおるという
のを忘れていた。このプレパラート写真みても脚なんかコナダニ要素ないがな・・・。
数年前にササラダニの若虫のプレパラート作って、コナダニと間違いそうなんて記事にしてたのを、今さらながら思い出した。
Tさん、ご指摘ありがとうございます。

*何のササラダニの若虫かというと、やはりまったく想像がつかない。
孔道の終端にいたことは確かだが、朽ち木に穴掘ってたのはチビナガヒラタムシで、ダニはたまたまそこにいただけなのかも知れない。しかし、3個体とも同じパターンでそれぞれ別の孔道の終端にいたことがやはり不思議。

2016/10/30

チビナガヒラタムシの虚成虫(ghost adult)の論文

チビナガヒラタムシ成虫の標本は、見応えがしない。ウチの標本箱の中身を、キレイさとかカッコよさを基準として並べ替えるなら、クロゴキブリ1齢幼虫の隣あたりに位置しそうだ。
最後にチビナガヒラタムシの成虫を観察してから何年も経過しているので、自分の標本箱内にある台紙に付着している小物体が、飛び散ったヒジキの破片なのか、ホントに虫だったのかというあたりさえ揺らいできている。 

チビナガヒラタムシが紹介されるときは、白い幼虫の形態のままで増殖できる変わった甲虫ということが決まって取り上げられる。
それよりも、ときどき出現する成虫(さやばねのある黒いヤツ) が謎すぎるってことのほうが不思議で、昆虫界屈指の難問の一つと思う。

暑い時に成虫が現れるってことは私も気が付いていて、成虫を得たいのなら涼しい恒温器に入れたりせず、蒸し暑い部屋に放置しておくことが一番と考えていた。これは虫好きなら、自然とでてくる発想の範囲だろう。
ところが、本格的なプロの生物学者となると、私なんかとは全然発想が違う。
幼虫を加熱すると確実に成虫が多くなることを見つけて、定量的な調査をした研究が今年発表されている。

その論文↓
Perotti, M. A. et al. The ghost sex-life of the paedogenetic beetle Micromalthus debilis. Sci. Rep. 6, 27364; doi: 10.、1038/srep27364 (2016).

腐朽材を加熱してみようなんて、よくもまあ思いついたものだと、驚きと興奮をもって読ませて頂いた。

多数の成虫を得て定量分析しつつ、生殖機能に障害を持っていることや、共生微生物との関係についてとか、進化的な意味まで論じている。
悠久の彼方から生き残っていた昆虫が、どれほどトンデモないことをやっているのかを暴こうとする研究だ。
チビナガヒラタムシの謎は、この論文で相当説明がついたって気がする。

でも、腑に落ちない点はいくつかあって、この論文では成虫の性比が極端に偏っていて雌が多いという結果が得られている。
他の報告例でも、雌が多いっていわれているので、そこが検証されて確実なものになったって感じだ。

おかしなことに、ウチの事務所で発生していた時は、雄ばかりが出てきて最終的に雌が少ないってこともあった。
飼育が下手くそだから、変になることもあるのだろうけれど、いったい何が変になったら雄が優勢になるのだろう?
やはり、チビナガヒラタムシについては研究すべきことはまだまだありそうだ。

なんとか、実験動物として安定した供給ができるようにならないものかと思う。

先日、端が少しだけ腐っている松杭を街角でみかけて、腐朽部分を出来るだけ多くむしり取ろうとしたけれど、収穫は小指の先ほどしかなかった。
その中にチビナガヒラタムシの2齢幼虫が2個体見つかったけれど、加湿しすぎたのかそのうち1個体は翌日に死んでしまった。たぶん杭を丸ごと持ち帰ってもあまりいそうにない感じだったので、もっと良い材を探すしかない。
大事にしてなかったときは、いろいろ秘密を見せてくれた虫だが、いざ飼育しようとすると採集さえ思うようにいかない。
きっと今回も、マーフィーの法則的な何かに虫採り運が支配されているのだろう。

でも、あきらめずに探し続けてみるつもり。

ずいぶんいい加減な感じの飼育状況

ジッとしていると思ったら腹端が変色して死んでた。

2016/10/28

ヒサゴクチカクシゾウムシ

●和歌山県新宮市に行って、仕事をしたのはもう5ヶ月ほど前になる。その折に、海に近い雑木林にちょっと寄り、小さな朽ち木をコンビニ袋に入れて持ち帰っていたけれど、このたびメデタク小さなゾウムシが現れた。

ヒサゴクチカクシゾウムシ Simulatacalles simulator は珍しい種でもなく、特に関心のある虫でもないけれど、ムキになって脚を左右対称になるように整えた。
はがせる両面テープの上に虫をくっつけてから、サランラップの微小な破片でふ節を押えた。
写真撮影後に気が付いたが、触角が傾いた状態で焦点合成処理しているので、実際より随分と短く見えてしまう点がイヤな感じ。

虫を外すときは、面相筆に含ませたエタノールを、虫と両面テープの間に流し込む。
外れやすくなったら、そっと虫を剥がして紙製台紙に移して、ラベルをつけたら標本作り終了。



2016/10/10

キボシカミキリの便乗ダニ

神戸市須磨区産のダニ付きキボシカミキリ Psacothea hilarisを観察した。 Acleris氏の採集品。
ダニは2種類いた。
キボシカミキリの中脚基節付近に付着していた体長約0.2mmの種は、Paracarophena sp.だった。
この属はタマゴシラミダニ科Acarophenacidaeに含まれ、カミキリムシ科やキクイムシ科から記録されている。
日本から、キボシカミキリの卵への寄生状況についての論文がある。
その論文中の種は形態的な記述がほとんどないけれど、今回観察した種とたぶん同じ。






顎体部がのっぺらぼーな雰囲気で、どうやってモノを食べているのかイメージできない。
透過偏光観察すると、硬い鋏角があれば明瞭な複屈折が観察されることが多いが、本種ではなにか小さなものがあるなということしか観察できなかった。

透過偏光観察。矢印位置に何かありそう。

腹部肥大したダニはみられないので、カミキリムシの体表から体液を吸っているわけではなさそう。
昆虫の卵殻にくっついたときは吸汁できるようなので、鋏角 がなにか変わった仕組みになっているのは間違いないだろう。



もうひとつの体長約0.4mmのトゲダニ目は、カミキリムシの体表の決まった場所にいなくて、頭部から腹端までまばらにいた。




菌糸の破片のようなものがみえていた。



マツノカザリダニAmeroseius pinicola Ishikawa, 1972 と同定した。体内に菌類の破片がみられたので、菌食性と思われる。本州、四国、隣国の中国から記録がある。
体表のでこぼこには胞子が入り込んでいて、菌の運搬に役立っているのかも。そういえば菌食性の甲虫にも、やたらと凹凸の激しいのがいる。


どちらのダニも雌ばかりで、さやばねの下にはみられず、便乗ダニと考えた。

2016/09/26

駆除対象外

食品工場にもよるけれど、外壁に止まっているだけならクモ類は普通放置。
飛翔性昆虫の駆除を地味に手伝ってくれているし。


オスグロハエトリの雌と思うが、この仲間も写真だけだとかなり同定は難しい。
雨の日の軒下で、ガガンボの一種を食事中。